台東区支部の概要

1.台東区支部の位置づけ

公益社団法人東京都宅地建物取引業協会台東区支部(都宅協)は、 東京都を33支部に分けた内の一支部であります。

都宅協で企画立案された行事、または、国土交通省、東京都等の監督行政からの宅地建物取引業法、各種情報等が事務局、及び、各委員会を通伝達され実行されております。

このような流れから、入会者は各支部を経由して都宅協の入会審査会に懸けられ、入会が認められることになります。しかしながら、都宅協が設立されるまでは、各区でそれぞれが独立した業界として活動していた経緯から、都宅協として集約されても各支部は、それぞれ独自性の活動をしています。

2.台東区支部の活動の目的

都宅協の諸事業に協力するのは勿論、不動産業界を取り巻く環境の変化、また宅地建物取引業法 の改正、税制改正、不動産関連法令や建築基準法の改正等身近な問題とタイムリーな研修会の 開催、また会員の親睦と交流を図る諸事業、会員の便宜を図る体制を整えることを目的としています。

 

3.台東区支部の運営

①三役会(正副支部長・正副専務理事・総務・財務委員長)毎月1回開催

②常任幹事会(三役・各委員長)年6回開催

③役員会(幹事20~30名)年6回開催

④監査会(監事3~5名)年2回開催

⑤相談役・参与会(相談役及び参与)年1回開催

 

4.台東区支部の主な事業

各委員会毎の事業活動、総会、研修会、会員事業所点検、台東区支部役所内不動産無料相談開設(毎月第2・4火曜日開催)、新年会、親睦旅行会またはリクレーション、支部報の発刊、各種特別委員会の開催、その他。

 

5.台東区支部の運営

支部幹事(役員)は、立候補制の選挙により、20名以上30名以内が選出され、その任期は基本的に2年である。